スプレッドにも注目です。FXはドルストレートが鍵。

今はFXや投資を始めている方が物凄く多くなりましたね。
これから始めようかなと思っている方。FXを始めるとなるといろんな事を気にしなければいけなくなりますね。
経済、市場の事、動きや知識も付けなければいけません。

そこで参考に隠れたコストについてアドバイスをしたいと思います。スプレッドも気にしなければいけない重要な一つとなります。
スプレッドとは売値と買値の差のことを指します。
仮にドルを購入しすぐ売りに出したとしても、スプレッドが大きい分だけ損をしてしまうことになります。
ここが隠れたコストになります。
FXは小さいことからコツコツ積み重ねが大事です。たかがスプレッド、されどスプレッドです。
スプレッドが小さい業者を選んで越したことはありません。
業者選びの参考に・・・。>>>FX スプレッド

もうFXの口座を持ち、実際に取引を始めると毎日のニュースでも、習慣のように日経平均やドル円の動きが気になると思います。
日経平均は仕方がないにしても、ドル円の報道時には注意が必要です。
日本に住んでいる以上、ドル円だけがメインで報道され円高ドル安などの言葉を聞いて判断しがちですが、実際は基軸通貨であるドルの動きに注視すべきなのです。
それは、ドルストレートの通貨の値動きが重要で、それがクロス円にも関係してくるのです。
まずはドルとペアとなる通貨のチャートなども積極的に見るようにして、そこからドル円など他の通貨の取引に役立たせるべきなのです。

ドルは円以上に、ユーロやポンド、そしてカナダドルや豪ドルとも取引があり、その値動きは意味を持ちます。
これらの事を考えながらチャートを追うと、今まで負けていた人も少しは勝てるようになり得ます。
さらに、ダウやトピックス以外にも、金や銀価格なども頭の片隅に入れて総合的に投資するイメージが大事なのです。

日本の投資家は買いから入ることが多く、円高時に売りから入ることを嫌います。
実際には円買いによる円高の方がスピードが速いのにそれをしようとはしません。
FXは株と違い初めから信用取引のようなものなので、買いでも売りでもどちらからでも入れます。

買いを好む理由としてスワップポイントが挙げられます。
日本はずっとほぼ0%低金利の政策金利をとっており、今年に入ってからついにマイナス金利に突中しました。
これはEU圏内やスイスで実施されており、これに倣った形になりました。
そしてアメリカはこれから金利の利上げに入っており、金利差が生まれます。
この金利差がレバレッジによって大きくなるので、1%でも差があれば年間でかなりの額になります。
つまり円キャリーで買い建てでポジションを持つと相場が動かなくても、毎日少しずつ金利分がもらえるのです。
これが株式にはないFXの特徴で初心者はこれを期待しています。
しかし相場が少し円高に動けば、この微々たるスワップポイントの利益分は消し飛んでしまいます。
高金利の新興国通貨の場合はスワップポイントが大きいものの、ドルが強いと資金がアメリカに流れてしまうため、新興国の成長が鈍化すると急激な通貨安を起こします。
そのため円キャリーであるとドルを介して円高に振れやすく、損失幅が拡大します。
振れ幅は円ドルや円ユーロよりはるかに大きいです。私もこれに資金を集中させてしまったため、大きな損失を被りました。

スキャルピングは数分のうちに売買する取引方法

FXのスキャルピングは、数分のうちに決済して利益を上げようとするもので、損切りにもすばやく対応できるし、レートの動きにもすばやく対応できる点が優れています。
FXの値動きが早いときに、ゆっくりと構えてデイトレードやスイングトレードをしていると、利益を失いかねません。
対応のすばやさという点でもっともスキャルピングは結果が出やすい手法になると思います。

スキャルピングが禁止されているという話を聞いたことがあるかもしれません。
しかしそれは機械的に連続して行った場合であって、人の手で操作する分には問題ありません。
自動売買ソフトを使った取引をしなければよいのです。ソフトを使っているかどうかは、FX業者側で分かるようです。

いろんな取引手法がありますが、初心者はスキャルピングでコツコツ利益を得るのが得策かなと思います。
デイトレやスイングにすると、間が長い分、損失が膨らんだり、ロスカットになったりする場合があるためです。

デモ口座での練習はしないほうがいい?

FXを始めようと思って作ったデモ口座について私は作ったことが失敗だったと感じています。
と言うのが、デモ口座だと実際のお金を取引している感覚が無くゲーム感覚で取引をするため慎重になり過ぎるという事が無いからです。
その結果負けても、やっちゃったと軽い気持ちになる反面反省することがあまりなかったからです。

その上、デモ口座であれば自分のお金ではないと言う点で損失が膨らんでも精神的に追い込まれることも無かったため私にとってこれが大きな誤算でした。
本番用口座を開設して同じような取引をしていると、仕事帰りや朝起きた時のレートの確認が怖くなり仕事中も為替のことが気になり仕事に手が付かなかったこともありました。

デモ口座と同じ感覚でやってしまうと酷い目に遭います。
どうしてもやりたいと言うのであれば、少数の通貨で取引が出来る口座を開設して取引できる口座を開設することをお勧めします。
中には1通貨から取引できるところがあるため、そこから練習して少しずつ利益を出していき利益も少なく損失も少ない利少損少で慣れることがいいと思います。

下げ相場でも儲ける方法

世界中でリスクオフの機運が高まっていては、株や投資信託など投資で儲けるのは大変なことです。
個別銘柄で決算を上方修正などと良い話が出ても、上海株の暴落や円高進行、アメリカISM製造業景況指数の悪化など外部要因で悪材料が出るといい話も吹っ飛んでしまいます。
個別の銘柄に材料が出ても材料出尽くしなどと言って上がるどころか値を崩すことはよくある事ですが、地合が悪ければ尚更です。

だからと言って相場環境が良くなるまで待つのでは、いつまで待てば良いのかわかりません。下げ相場でも勝つ、その道を探したいです。
一つには株の信用取引きがあります。
信用取引であれば売りから入って、下げる局面で買戻しして利益を出すことが出来ます。
信用取引は怖い、売りは難しいという人は、1357日経ダブルインバース・インデックスがあります。
日経平均に連動して、簡単に言うと日経平均が下がるとその2倍値上がりするというETFです。
簡単に買いから入って売り買いできるので人気です。
下げ相場で儲けることが出来るので下げ相場で痛い目に遭っている人に、下げ相場でも儲けたい人にお勧めです。

株式投資は粘りと根性が必要

株式投資をやってます。始めた理由は、株についての本を読み一気に興味を持ち、お小遣いがほしかったからです。
株を始めることは誰でもでき、簡単です。
まず、証券会社に口座を作ることから始まりますが、今はネットから口座を作ることができます。その時必要な物は身分証明書と印鑑です。
基本的に株は100株単位または1000単位で売られています。

もし仮に、一株68円で売られていたとしても100株6800円で買わなければなりません。
ちなみに株は高いものだと思っている人が多いですが、100株三万円万円以下で買えるものがあります。
気を付けてほしいのは、株は安ければ安いほど良いというわけではありません。
株というのはいわば、株を発行している会社の信用と価値の値段です。
安い株ほど、会社の信用と価値は低いと言い換えても過言ではありません。
けれど、株は安く買って高く売ることが基本です。

半年前買った株が、今では二倍以上の値段になっていることもたくさんあります。
株は一気に上がることもありますが、大半は徐々に上がったり下がったりの繰り返しです。
意外にも、株で儲けるためには粘りと根性が必要なものなのです。